ドクター紹介

*

*

greeting

*

院長あいさつ

*
*

院長

山本 浩司
koji yamamoto

地元蒲郡出身です!

おおつかファミリー歯科の院長 山本浩司です。
私が歯医者になろうと思った一番の理由は「食べることが好き」というとてもシンプルな理由です。
好きなものが食べられないのは想像するだけで耐え難いものです。不自由なく物が噛めているから、何でも好きなものが食べられるのだと思います。でも、これが一生維持できるのか?年をとっても今と同じように物を食べられるか?お口の中を健康に保つためにはどうしたらよいのか?と歯に興味をもったのがきっかけでした。
私は、日本歯科大学新潟歯学部(現在の同大学新潟生命歯学部)を卒業し、その後、同大学附属病院、山形県の歯科医院に勤めました。さらに神奈川県と愛知県岡崎市の歯科医院に勤め、小児歯科の経験を多く積んできました。
勤務医時代に多くのお子さまの治療をしていて、虫歯があるお子さまは減っているのに、歯並びが良くないお子さまはどうして減らないのか…そんな疑問から、小児の矯正治療に力を入れるようになりました。
食べ物の入り口であり、呼吸の入り口でもある口の機能を正しくすることで、体全体の健康を考えていく矯正治療に重点を置いています。

*
*

また、お子さまの診療に関しては「初めての歯医者さん」経験をつらいものにしないよう、お子さまのペースに合わせて診療をすすめていきます。
子供の頃につらい経験をすると、大人になっても苦手意識を持ってしまい、歯科医院から足が遠のくことになってしまいます。
定期的に歯科医院に通う習慣を身につけることは、虫歯や歯周病の予防効果を格段にアップさせ、歯の寿命だけでなく体全体の健康を維持することにもつながります。
歯医者さんは自らすすんで行くところ、そういった意識が自然にお子さまに根付いてくれたらと思います。

歯科治療で大事なことは、医療チームと患者さまがコミュニケーションをしっかりと取りあうことで信頼関係を築き、患者さまの「想い」をカタチにすることだと考えています。おおつかファミリー歯科では、私をはじめとしたスタッフ全員が患者さまに真摯に向き合い、「どういったことでお困りか」「どうなりたいか」「どんなことが苦手か」等、患者さまの声を丁寧にヒアリングしてまいります。 お口のことでお悩みでしたら、どうぞお気軽にご相談ください。

経歴
  • 木船幼稚園
  • 蒲郡南部小学校
  • 蒲郡中学校
  • 愛知高等学校
  • 日本歯科大学新潟歯学部
  • 日本歯科大学新潟歯学部附属病院
  • 毛呂歯科医院(山形)
  • 医療法人 峯心会 ミネ歯科医院(神奈川)
  • 医療法人 清雅会 シバタ歯科小児歯科センター(岡崎)
  • 2007年 おおつかファミリー歯科 開業
所属団体
  • 日本小児歯科学会
  • 日本障がい者歯科学会
  • アンチエイジング歯科学会
  • 歯列育形成研究会
  • プレオルソ研究会
  • 歯周内科研究会
  • インビザライン認定ドクター
  • ロイヤル虫歯予防マイスター
  • 蒲郡歯科医師会 理事
  • 蒲郡観光交流おもてなしコンシェルジュ
受講セミナー
  • 障がい者歯科認定協力医研修会
ドクターズファイル
medical
ページの先頭へ戻る